伝治山歯科【公式HP】名古屋市緑区|歯科・小児歯科・矯正歯科
伝治山歯科【公式HP】名古屋市緑区|歯科・小児歯科・矯正歯科
清潔な治療環境
当院は感染予防のため、さまざまな対策をとっています。
患者さま用のコップやエプロン、ゴム手袋等は、使い捨てのものを使用し、使い捨て出来ない医療機器等は、特殊な機械を使用して滅菌を行っています。
また、当院では診療室全体に除菌水(高濃度エピオスウォーター)を使用しております。 ほとんど全ての殺菌・ウィルスを除菌できますので、安心して治療を受けて頂けます。
当院では、院内感染を予防するために、「エピオスエコシステム」を導入し、
診療チェアから出る水からコップ水、手洗い水まで、
「エピオスウォーター」という除菌水を使用しています。

診療時に歯を削る時、お口の中を洗う時、うがいをする時などに水道水を使うと、細菌が繁殖し、院内感染の原因になっているということが、アメリカや日本の大学から多数報告されています。
法律では、1ccあたりの水に菌は100個以内と決められています。しかし、歯科医院によっては診療チェアの中で細菌が増殖してしまい、1ccあたり10万個以上の細菌が存在しているケースもあるというのです。
治療中のお口の中は、とてもデリケートです。出血していたり、傷口が開いていたりするので、細菌感染しやすい状態です。そんな状況で細菌だらけの水を治療に使ってしまったら、傷口に細菌を塗り付けて、わざわざ感染させようとしているようなものです。

そのような状況を防ぐために、当院では院内感染の予防対策として、エピオスエコシステムを導入し、ほとんど全てのウイルス、細菌を殺菌した水をコップ水から手洗い水まで使用しています。

残留塩素濃度補正システム
EPIOS ECO SYSTEM
エピオス エコ システム
エピオスエコシステムから生成されるエピオスウォーターは、高純度の塩と水を電気分解して作った電解機能水です。成分は、人間の血液中にある免疫成分と同じなので、人体に対してとても安全で、強い殺菌作用があります。
当院では、エピオスウォーターを、診療チェアから出る水からコップ水、手洗い水まで使用することで、細菌が増殖するのを防いでいます。
さらに、エピオスウォーターの殺菌効果は、虫歯菌や歯周病菌の殺菌が期待でき、傷の治りが早いというメリットもあります。
高濃度エピオスウォーター
~口腔内の汚れを洗浄し除菌する
タンパク質型除菌水~
当院では、治療前にエピオスウォーターでうがいをしていただき、お口の中を殺菌消毒してから治療を行います。
このエピオスウォーターは、高濃度に凝縮して「うがい薬」として使うと、歯周病やむし歯の予防効果が大変高いことがわかっています。
従来のうがい薬との違い
まず1つ目は、薬品を一切使用していないことです。
純粋な塩と純粋な水のみを電気分解して作っているため、安心してお口に含んで頂けます。
(薬品ではないので副作用等の心配はありません。)
2つ目はタンパク分解と消毒ができることです。
タンパク分解とは、歯の表面についたプラーク(細菌の集団です。バイオフィルムともいいます。)を分解して弱らせる効果のことをいいます。
従来のうがい薬には殺菌作用はあるものの、プラークを分解して弱らせるタンパク分解効果はありませんでした。
そのため、せっかくの消毒作用がプラークの内部までは浸透しにくく、なかなか効果が出にくかったのです。
しかし、この高濃度エピオスウォーターは、うがい薬としてお口に含んだ直後はタンパク分解効果が強く働きます。
そして、10秒くらい経つと今度は消毒作用が強くなる特徴があります。
つまり、最初にタンパク分解効果でプラークを弱らせた上で、殺菌作用をプラークの内部まで浸透させるので、従来のうがい薬と比べて殺菌効果が大変高いのです。
エピオスウォーターの使い方
従来のうがい薬と高濃度エピオスウォーターとでは、使い方も大きく異なります。
従来のうがい薬は、歯磨き後に使用しますが、高濃度エピオスウォーターは、歯磨きをする前に使用します。
歯磨きをする前だとせっかくの消毒効果がなくなってしまうのでは?と思われるかもしれませんが、大丈夫です。
歯磨きの目的は、食べかすを取るだけではなく、食事で増えた細菌やプラークを除去することです。しかし、このプラークを除去するのが実は大変で、いかにプラークを効率的に除去するかが歯磨きのポイントです。
高濃度エピオスウォーターにはタンパク質分解効果がありますので、プラークを弱らせることができます。そして、弱らせた後のプラークなら、歯磨きで除去するのがずいぶんと楽になるのです。
ホームケアに有効な
高濃度エピオスウォーター
  • うがい(風邪予防)
  • 歯磨きの後のプラーク除去
  • 歯ブラシの洗浄
  • 義歯の洗浄
  • 口内炎
  • むし歯予防
  • 歯周病予防
  • インプラント周囲の炎症
  • 口臭予防
清潔でやさしい医療環境づくりを
当院では心がけております。
当院では患者さまが安心してご来院いただけますよう、医療施設用高性能空気清浄装置エアロシステム 35MDを設置しています。(待合室・診療室ともに完備)
このシステムは、国公立病院や大学病院の手術室で採用されており、信頼性も高く空気中のウイルス、細菌、微粉塵、花粉、PM2.5等をすばやく除去することができます。
定期的なメンテナンスを実施していますので、常に清潔な空気環境を送り出しています。
患者さまが安心して通院していただくために…
お口に入る器具は、患者さまごとに消毒・滅菌をしています
当院では、患者さまに安心して治療を受けていただくために、お口の中に入る器具のすべてを、以下のように徹底しています。滅菌した機器は、保存したまま治療直前に開封します。
治療に使うグローブは、患者さまごとに使い捨てしてしまいます。
その他エプロン・紙コップ・注射針等、使い捨てができるものは、すべて使い捨てにしてしまいます。
患者さまが治療を終わった後、治療台は殺菌水を使い丁寧に拭き上げていきます。
次の患者さまのために、常に清潔な状態を保つよう心がけています。
当院では、安心して患者さまに治療を受けていただけるように、器具の消毒・滅菌を徹底して行い、院内感染の予防に努めています。
基本セット
基本セット
患者さまの診療が終わった後、すぐに殺菌水で消毒をします。
その後、超音波洗浄にかけ1セットずつ滅菌パックへ入れます。
最後に滅菌器オートクレープへかけます。
タービン・エンジン
タービン・エンジン
歯を削る時のドリルのことです。このドリルも患者さまごとに1本ずつ消毒したものを使っています。基本セット同様にまず殺菌水で消毒し滅菌パックへ入れます。
精密機器のため、基本セットとは別の滅菌器へかけます。
オートクレープ(高圧蒸気滅菌器)
オートクレープ(高圧蒸気滅菌器)
132℃まで温度を上げ、高圧滅菌しています。
基本セットからタービン・エンジン、器具をのせるトレー、型どり用トレー、その他お口に入る器具はすべてオートクレープを使い滅菌しています。
〒458-0845
愛知県名古屋市緑区鳴海町字赤塚102-2
午前 9:30~12:30 
最終受付12:00
午後 14:30~19:00
(△月曜のみ15:00~) 
最終受付18:30
休診日 日曜・祝日