伝治山歯科【公式HP】名古屋市緑区|歯科・小児歯科・矯正歯科
伝治山歯科【公式HP】名古屋市緑区|歯科・小児歯科・矯正歯科

作ってみよう歯と体のために! ⑤ 

簡単おいしい手作りおやつ 

   

ほくほく、さくさくのクッキーです。甘いかぼちゃなら砂糖は入れなくてもいいですよ。

 材料

 バター      100g

 砂糖        20g

  小麦粉       200g 

かぼちゃマッシュ  100g

 (皮つきの生で約150g)

 

  1. バター、砂糖を練り、かぼちゃのマッシュを練りこむ。
  2. ふるった小麦粉をさっくり混ぜ、冷蔵庫で30分間ねかせる。
  3. もし、かぼちゃの形のクッキーにする場合はくるみ大の生地をとってココアを混ぜ、へた
  4. の部分にしてもかわいいですね。
  5. 180度のオーブン約15分焼く

 

最近食に対する不安が大きくなっていますね。安全な食品を選び、なるべく加工品より材料

のわかりやすい手作りをできる範囲で取り入れましょう。今回はここで使ったかぼちゃに

ついて少し取り上げてみます。かぼちゃは国内産の他に輸入ものも多く出回っており、輸入

もので気になるのがポストハーベスト農薬の問題です。そこで安全な下ごしらえを知り調理

しましょう。まず、水を流しながらタワシかスポンジを使って皮をゴシゴシこすって洗います。

30秒ほど洗えば表皮に残る農薬やダイオキシンが落とせます。つぎに「かすりむき」を。

包丁でところどころ皮をむくと、切り分けやすく、味がしみこみやすいなどの意味があるの

ですが同時に表皮下にたまった不安物質をお湯に溶けださせる効果もあるのです。皮を全部

むいてしまうとドロドロに煮崩れるのでかすりむきが適しています。また、かぼちゃを煮る

ときは途中でお湯を変えるのが安全のコツ。切ったかぼちゃにひたひたの水を加え、火にか

けゆでます。かぼちゃの表面がすきとおってきたらここでいったんお湯をすてます。お湯の

中に農薬などの不安物質が溶け出しているのです。この下ごしらえをしてから調理をすれば

まず安心です。

〒458-0845
愛知県名古屋市緑区鳴海町字赤塚102-2
午前 9:30~12:30 
最終受付12:00
午後 14:30~19:00
(△月曜のみ15:00~) 
最終受付18:30
休診日 日曜・祝日